医院名:湘南台ふかさわクリニック 住所:〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2丁目31−15 電話番号:0466-41-5525

胃カメラ

胃カメラ検査について

胃カメラ検査について胃カメラ(胃内視鏡検査)の正式名称は、上部消化管内視鏡といいます。胃だけでなく、咽頭・食道・十二指腸といった消化管に加え喉頭や声帯の観察も可能です。内視鏡スコープの先端にはCCDカメラと光源があって、のどから食道・胃・十二指腸までの粘膜を直接詳細に観察できます。また内視鏡で病変の組織を採取して生検を行い確定診断が可能です。鼻からの挿入による経鼻検査で嘔吐感を起こさずに、お体へのご負担が少なく楽に受けられる胃カメラ検査を行っています。

当院の胃カメラの特長

経鼻内視鏡で楽になった胃カメラ検査

経鼻内視鏡で楽になった胃カメラ検査舌の付け根には触れると強い嘔吐感を反射的に起こす場所があるため、口から内視鏡を挿入する経口検査では苦しい思いをされるケースがとても多く、胃カメラ検査はつらいというイメージがありました。現在、内視鏡スコープが極細かつしなやかになり、鼻から楽に挿入できるようになったことで、驚くほど楽に胃カメラ検査を受けられるようになっています。スコープの直径はわずか5mm程度ですから、鼻に重い病気があるなど特別な場合を除いてスムーズな検査が可能です。
普段から歯磨きなどで強い嘔吐感を起こしやすい方、また以前に胃カメラ検査でつらい思いをされた方には、軽い鎮静剤を用いた検査も行っています。ウトウトと眠っているような状態で検査を受けることができるため、リラックスした状態で検査を受けられます。

Fujifilm社製の最新内視鏡システム

Fujifilm社製の最新内視鏡システム当院では微細な病変も見逃しがなく観察できる新世代内視鏡システム「LASEREO」を使った内視鏡検査を行っています。白色光用レーザーに加え、病変に集まりやすい表面血管の観察を効果的に行える短波長レーザーを搭載することで微細な色調変化だけでなく、表層血管や構造を強調した観察が可能になっています。さらに、2つのレーザーを組み合わせて最新の画像処理技術を施すことで、より高精度な検査を行うことができます。

見逃しがない検査のために

見逃しがない検査のために2種類のレーザー光の発光強度を切り替えて照射し、その画像を合成処理することで観察目的に合わせたより適切な画像を得られるBLI(BlueLASERImaging)という独自の画像処理技術が搭載されています。これによって見逃しをより減らし、短時間に精度の高い検査が可能になります。また、LCI(LinkedColorImaging)画像処理では赤みのコントラストを強調表示できるため、炎症診断もより正確に行えます。こうしたさまざまな観察を効果的に組み合わせることで粘膜を詳細に観察できます。

徹底消毒で感染予防

当院では、院内と医療機器の清潔に力を入れています。内視鏡検査機器に関しても、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに従った方法で、患者様ごとに洗浄・消毒を行っています。専用の洗浄機を用いて毎回、完全な洗浄と消毒を行っておりますので、安心して検査を受けていただけます。

胃カメラ検査を受けるタイミングとは

特に検査をオススメする方

  • 40歳を過ぎてまだ一度も胃カメラ検査を受けたことがない
  • 親族にピロリ菌に感染した人がいる
  • 習慣的にタバコやお酒をたしなむ

胃がん予防のために定期的な胃カメラ検査を受けましょう

胃がん予防のために定期的な胃カメラ検査を受けましょう胃がん発症のリスクは40歳を超えた頃に上昇しはじめます。また、胃がんは特に初期症状が乏しいため。症状がなくても40歳を過ぎたら1度、内視鏡検査を受けるようおすすめしています。
進行していない初期の状態であれば、胃がんはお仕事や日常生活に支障をほとんど及ぼすことなく治癒することも可能です。胃内視鏡検査では、粘膜を直接観察できるため、ごく早期の胃がんや前がん病変、ピロリ菌感染の有無、胃がんリスクの高い萎縮や胃潰瘍などの早期発見や治療が可能になります。胃がん予防のためにも、定期的な胃カメラ検査を受けましょう。

胃カメラ検査で見つかる疾患

  • 胃がん、食道がん、十二指腸がん
  • 胃ポリープ、十二指腸ポリープ
  • 胃炎、十二指腸炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 食道裂孔ヘルニア
  • ピロリ菌

検査の流れ

Step1検査前日

検査当日前日夜までは特に制限はありません。前日の夕食は軽めにとって、21時以降の飲食を避け、早めに就寝してください。なお、21時以降でも水や薄いお茶など透明で糖分の入っていない水分でしたらとっていただいて構いません。

Step2検査当日

検査当日朝食をとらずに、予約時間の少し前にご来院ください。水や薄いお茶など透明で糖分の入っていない水分は摂取可能ですが、それ以外はとらないようにしてください。タバコも吸わないでください。
普段お薬を飲んでいる場合には、ご予約の際に服用されているお薬についてうかがって当日朝の服薬・休薬についてお伝えしています。当日朝の服薬に関しては、その指示に従ってください。
ご予約のお時間になりましたら、受付にお越しください。
検査は専用個室で行いますので、プライバシーを気にせずリラックスして受けていただけます。

Step3胃カメラ検査

胃カメラ検査検査の所要時間は、約10分~20分であり、そのうち内視鏡挿入にかかる時間は5分程度です。
検査の前に、鼻腔にゼリー状の麻酔薬を入れ、胃粘膜を観察しやすくする薬剤を50ml飲んでいただきます。なお、炎症を起こして鼻粘膜が大きく腫れている場合などでは、口から挿入する経口検査を行う場合もあります。
左を下にして横になっていただいて検査となります。リラックスするために、ゆっくり腹式呼吸をしていただくとより楽に検査を受けられます。経鼻検査では口が塞がれないため、検査をしている医師との会話ができますし、検査中にモニターでリアルタイムの検査画像をご覧いただくこともできます。気になることなどがありましたら、お気軽に医師へお尋ねください。

Step4検査終了後

検査終了後検査終了後は、少しお休みいただきます。体調がすぐれない・気分が悪いなどがありましたら、すぐに看護師や医師までお知らせください。
検査後の飲水や食事に関しては、検査後30分以上経過してから少しだけ水を飲んで、むせるなどの異常がなければ特に制限なく飲食可能です。

胃カメラ検査の費用

1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ検査 約2,000円 約4,000円 約6,000円
胃カメラ検査と生検 約3,000円 約6,000円 約9,000円

※金額は税抜きです