医院名:湘南台ふかさわクリニック 住所:〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2丁目31−15 電話番号:0466-41-5525

ジオン注射

ジオン注射(ALTA療法)

切らずに注射で治す、いぼ痔の治療

切らずに注射で治す、いぼ痔の治療手術ではなく、外来で受けられる注射だけでいぼ痔を治す画期的な治療法です。もちろん日帰りで受けることができます。
当院ではこのジオン注射=ALTA療法(アルタ療法)をこれまで多数行ってきています。治療中だけでなく、治療後の痛みもほとんどないため、お身体だけでなくお気持ちへの負担も軽減されます。

いぼ痔の治療に効果的な治療法です

脱出を伴う内痔核のいぼ痔は、ジオン注射(ALTA・アルタ療法)での治療が適しています。
注射だけですので、日帰りで受けられます。また、治療中・治療後の痛みもほとんどありません。

このような方にジオン注射をオススメします
  • 座薬や軟膏でも症状がなかなか改善しない
  • 排便時に出血が起こる
  • 排便時に脱肛するが、元に戻る
  • 排便時に脱肛して、元に戻らない

当院で行うジオン注射

ジオン注射(ALTA・アルタ療法)は痔核にジオンを直接注射する硬化療法で、これまで手術が必要だとされた多くの症例でも手術せずに治療することが可能になります。平成17年の5月から医療保険が適用されています。注射のみですから、治療効果の高さに加え、治療中や治療後の痛みもほとんどなく、気軽に受けていただけるためお身体やお気持ちへの負担も大きく軽減できます。

ジオン注射が受けられない方

  • 妊娠中または授乳中の方
  • 透析を受けられている
  • 前立腺がん等で放射線治療の既往歴がある
  • 潰瘍性大腸炎の方
  • 小児の方
  • 嵌頓痔核の方
  • 全人状態が良好でない方

ジオン注射の流れ

  1. 治療の前に全身麻酔を行います。局所麻酔の必要がなく、肛門への注射による痛みはありません。
  2. 麻酔の効果を確認してから、ジオン注射による治療を行います。注射は正確な位置や深さ、角度で行う必要があり、1つの痔核に対して上極部粘膜下層・中央部粘膜下層・中央部粘膜固有層・下極部粘膜下層の4ヵ所に分割して局所注射を行う四段階注射法を用います。麻酔を含めたジオン注射治療の所要時間は約30分です。
  3. 注射後、しばらくすると出血が止まります。脱出も少しずつ軽くなっていきます。
  4. 脱出しなくなるまでには個人差があります。平均して1週間から1ヶ月程度で脱出がなくなっていきます。

※肛門の皮膚部分にも腫れがある場合、五段階注射法により治療可能です。

四段階注射法に加え、肛門の皮膚部分にもジオン注射を行う五段階注射法もあります。ジオン注射の導入当初、ジオン注射は皮膚には注射不可であると考えられていましたが、一定量に限れば皮膚への注射でも効果が期待できることが実証されています。五段階注射法により、歯状線内側の粘膜部分だけでなく、外側の皮膚部分にある腫れにもジオン注射の治療が可能になっています。

治療によるメリット・デメリット

メリット

脱出を伴う内痔核を手術による切開なく、注射のみで治療できるので安全で体への負担も少ない

  • 入院の必要がないので、お仕事や家事への影響を最小限に抑えることができ、準備や引継ぎなども必要ありません。
  • 切開しないため、治療中や治療後の痛みや出血を大幅に抑えることができます。
  • 治療に要する時間が短く、お身体やお気持ちへの負担が軽減できます。
  • 入院費が必要なく、健康保険が適用されるため、経済的な負担も抑制できます。
デメリット
  • 脱出を伴う内痔核のすべてに適応できる治療法ではありません。症例によっては、手術が必要になるケースもあります。また、ジオン注射と手術を併用した治療をおすすめする場合もあります。
  • 再発率が約10%あるとされています。
  • ジオン(ALTA)を患部に注射する四段階注射法は、注射する場所、角度、深さなどのシビアな見極めが必要な手法であり、高い技術力や知識が要求されます。そのため、ジオン注射を行うための特別なカリキュラムを終了した医師しかこの治療を行うことができず、肛門科であっても受けられないことがあります。当院では、ジオン注射を早期から導入してきており、経験豊富な専門医が治療を行っているため、安心してご相談いただけます。

治療後の注意点・副作用について

副作用についてジオン注射は日帰りで受けることができます。ただし、注射を受けた後は、ご自宅で2日間ほど安静を保っていただく必要があります。2日連続した休日の前に治療を受けていただくことで、お仕事を休むことなく治療を受けることができます。
治療で用いる硫酸アルミニウムカリウムは腎臓から尿中に排泄されますが、それを促すために治療前から十分な水分摂取を行い、治療後も積極的に水分を摂取して尿量をしっかり確保する必要があります。こうしたことは、事前のご説明で詳しくお伝えします。
なお、ジオン注射の副作用としては、まれに注射した部分の痛み・腫れが起こることがあります。また、発熱、肛門部分の重さといった違和感が生じることもあります。

手術費用について

手術内容 手術費用
ジオン注射(ALTA療法) 約20,000〜約35000円